お話の聞ける子に

大津市唐橋町 石山駅より徒歩すぐ

あいりすピアノ教室です。

 

お話の聞ける子になってほしい

 

幼児さん、また低学年のお子さんがピアノを習いにきたときに、「うちの子集中力がなくて、、」とか「ちゃんとお話が聞けるかしら?」とママたちが気になる点だと思います。

小学校に行くと、ますますお話を聞くという時間が増えるし、集団行動で協調性というものを身につけていかなければならない、といったじきには気になる点だと思います。

 

レッスンに来て、ピアノの椅子に座ったら関係ない曲を弾きだしたり、しばらくジャンジャン音で遊んだり、、

 

また話をしている途中で弾き始めたり、

 

話をしていても違うこと考えてたり、、

聞いていなかったり、、いろんなタイプがありますが

幼いうちは気持ちがストレートで素直なんでしょうし、自分に関係ないことと思っているのかもしれません。

でも興味のあることはすごく覚えたりしますよね!

 

この様な時、まずこちらも聞いてほしい時は

「お話お聞いてね」と目を見て静かに、

ちょっと雰囲気を出して、、話をするタイミング作ります。

その子にわかりやすい形で、自分の演奏がこんな風だけどどうかな、こんな風になってたよ、どんな風にしたらいいかなとか、聴かせたり、、その子によって様々ですが

あきらかに途中から聞いてないな、、

違うこと考えてるな思った時は

「わかったかな?なんて話してたかな?」と聞くとなんやったかな〜!と大概は一生懸命考えてくれます。

リズムの練習の時、つぎつぎ叩いていかなければならない間、

ここ大きくしないといけないな、

軽いスタッカートでひかないといけないな

その時ピアノの音に集中したり、

楽譜を読んでいくとき、音符を置き換えて弾く時など

集中する時間、タイミングがたくさんあると思うのです。

 

だんだん聞ける子に

 

ピアノを弾くことはもちろん心を楽しく豊かにしてくれます。

レッスンの中で、ちょっとずつでも集中する時間を積み重ねていくことで、段々と行動も変化していく

 

ピアノって、

人のお話をうまく吸収できる力、人と関わって

いく中で必要な力をつけていける習い事ではな

 

いのかなと思います。

 

 

体験レッスン、お問い合わせはコチラからお願いします。